2017年01月29日

ばいばいばく

上手いという言葉に死ぬほど悩まされている
上手いという言葉には、基準はあるが天井が無いのが恐らく私がこの言葉に悩まされている一番の理由で、要するに上を見たら果てしなさすぎてキリが無いのだ、だからたぶん私が自分のお芝居を(以前より)上手になったなあと思うことはあっても、上手だなあと思うことは一生無いんじゃないかしらと、最近ふと思った
あと上手いって、定義が曖昧、基準があると言ったけど、それだって人それぞれ、もうとにかく曖昧、だけど気軽に使ってしまうからまた上手いってなんだの所に戻ってきてしまうのです
ああでもお芝居が上手くなりたい、定義がよくわからないままいつまでもこの言葉を繰り返してしまう

ここまで打って気絶かってくらいの勢いで意識が途切れて今である
いつにも増して昨日は気持ちがぐちゃぐちゃだったのだけど、久しぶりに演劇の神様に遭遇した日でもあるので、そしてやっと落ち着いてきたところなので、ちゃんと布団で寝ようと思います
【関連する記事】
posted by 沈ゆうこ at 06:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。